« インテリジェンスクラブ | トップページ | 神リッチプロジェクトゴールドコース »

2017年4月12日 (水)

アーニングアカデミー12ヶ月コース


Money Generatorの意味はお金を生む。ということです。打ち出の小槌のような役割を担う段階になります。その言葉通り、”お金を生みやすい”投資商品であるFXやCFDがここに当てはまります。

図で見ても資産の増加率が高く(図が長く)なっていますよね。レバレッジ=資産増加率が高い商品を選ぶことで、小資本からでもレバレッジをかけることでお金を増やしやすいというメリットがあります。

レバレッジ率が高いことでリスクが高いと多くの方にイメージを持たれている一面もありますが、それは大きな勘違いです。最適な運用方法を知ることでそのリスクも限りなく排除した状態でトレードに臨むことができます。ファンダメンタルに左右されずチャートの法則をマスターするだけでトレードすることも可能なので、投資知識の乏しい方でもその手法を習得しやすいというメリットも兼ね備えています。

小資本でスタートできて、習得までの時間がかからず資産形成をできるという意味では最初に扱うのに最適な投資商品と言えます。

Leverage Diversifyは「レバレッジを効かせたまま投資対象を分散していく」というもので、①よりはレバレッジの倍率は下がるのですが、その分、多くの金額を運用するのに向いています。

ここでは、3倍程度のレバレッジを効かせたまま、ある程度大きな金額を運用できますので、利益をさらに拡大していく段階になります。①の段階が効率的に資金を増やせるとは言っても、人にはそれぞれ運用できるキャパシティがあります。

キャパシティを超えた運用をすると資産形成はできなくなります。大きな金額になってくると心理的なプレッシャーが大きくなってくるため、FXでも1億円まで運用できる人もいれば、1000万円まで運用できる人もいます。

繰り返し経験を積んでいくことでこのキャパシティを増やすことはできますが、それでは時間がかかってしまうため、FXやCFDの運用キャパシティまで達成したらその保有資産をLeverage Diversifyへ移り、利益の積み上げをしていくことが理想的です。そうすることで資産運用ごとにキャパシティを分散させて効率的に資産を増やしていくことが可能になります。

>>>アーニングアカデミー12ヶ月コース


資産を数億円という規模で保有している人の段階になります。

現在世界中で投資理論として広く言われているのが、「債券や投資信託など各種ファンド、現物株などを分散投資することでリスクをコントロールしながら長期的に安定的に資産運用をしていきましょう。」というこのPortfolio Managementの考え方になります。

証券会社や銀行などで投資信託等を勧められるのはこのPortfolio Managementの考え方が基になっています。しかし、これは富裕層のための投資手法であると言えます。

なぜなら、これから資産を形成しなければいけない人がこの手段を取り入れたとしても、資金が増えるスピードは緩やかになってしまうためです。もし保有資産が数億円あるのであれば増える額面自体が大きくなるのでこの段階には当てはまるのですが、資産が少ない方はまず資産を作っていく段階をクリアしなければいけないため当てはまりません。

①や②の段階で保有資産を増やし、最終段階で③で運用することを目標にするのが最適な考え方と言えます。


投資とは極論、自分の現状に合わせてお金をつくり、増やしていく作業になります。

つまり、



これしかありません。

自分の状況に合わせて、このロードマップにある手順通りに投資を進めていくことで、
最終的には「資金が減らなくなる水準での資産形成」が可能になるのです。



>>>アーニングアカデミー12ヶ月コース







« インテリジェンスクラブ | トップページ | 神リッチプロジェクトゴールドコース »

株・FXで儲ける」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2362125/70235524

この記事へのトラックバック一覧です: アーニングアカデミー12ヶ月コース:

« インテリジェンスクラブ | トップページ | 神リッチプロジェクトゴールドコース »

無料ブログはココログ

おすすめ人気サイト